[blog]ピカ★イチ試演会vol.11

日中暖かくなり始めました
夜は少し冷えた今回のピカ★イチ試演会でした
ではさっそくblog始めます。

#カレー
P1060965 のコピー
今回の担当は今春スタジオイマイチを卒業予定のメンバー高橋によるもの
前回は確か大根をつかったもので強烈な印象を残した
さて、今回は
お題「ホワイトデーチョコレートピーナツカレーフィーチャリングバナナ」
よくある日本のカレーになんと
ホワイトデーを意識し、ピーナツチョコレートとバナナを一緒に煮込んだ甘々カレー
カレーおじさんによる★は、★3つ!

 

 

 

 

#エントリー

1、honah.lee[写真/文]
P1060949 のコピー

ちょうどピカ★イチ試演会の直前まで、文章と写真を空間を使って表現する作品展示を行った女性二人ユニットのhonah.lee。
ピカ★イチ試演会ではその試みを終えた直後の率直な感想と、展示についての説明を行った。
彼女たちは昨年のピカ★イチ試演会から少しずつプレゼンをしながら今回の展示につながっていった。

展示は、時代遅れの砂嵐のでるテレビ(四角いボックス型のころの)や、海辺の漂着物、フィルム写真のフィルムケースなどとともに
透けて見えるLサイズの写真が天井から吊ってあった。
写真は海辺で割烹着姿の女性が歩いたり、立っている、時にギターを弾いていたり、テレビと一緒にポーズを取っている。
また写真のない大きな空枠だけもあり、その下には文章があった。
床には緑の人工芝のマットがひかれその上には大きいサイズの写真が置いてある。
展示会名の『巨人は浅瀬で、寝返りを打つ』は作者があたためていたフレーズだったそうでそれをもとに制作が始まった。
文章は二人のリレー形式で綴られ、文章を基に写真が撮られた。

文章と写真の組み合わせ方、そこから観る人が空想すること、そのしかけを作っていたように感じた。
全体的に現実感のない、ミスマッチな感じがあり、会場内には波打ち際でこそこそ話しをしているような声もながれ、なにかが足りないそんな不安な心持ちにさせる。
巨人というガリバーのように空想の世界にいる自分が、浅瀬で寝返りをうつと、寝返りを打った先の自分の外の世界、それぞれの世界とどこかで接点をもちつながること、といったアイデアがあったようだ。
当初より二人は「はじめてのフィクション」を掲げ、今回もまた「空想すること」「想像すること」そのものについて問いを持ち続けているように感じた。

2、イフクキョウコ[ダンス]
自己紹介を兼ねてこれまで出演したダンス作品、活動の紹介などを映像を交えプレゼンした。
そして、今年2014年度ピカ★イチ試演会に年間エントリーし、ライフワークのソロダンス制作のつづきを行うこと、ソロダンスの制作アイデアなどを説明をした。

3、突劇!?喜劇病棟[演劇]
P1060972 のコピー

3月22日に行われる突劇!?喜劇病棟の本公演「コントラスト」の宣伝を行った。
抜粋で一部内容を披露した。
公演の詳細はこちら→突劇!?喜劇病棟

##
前回に続き今回も他展示の中でのピカ★イチ試演会となった。
会場が少し違う空間のなかでカレーの香りが漂うの面白い。
さておき、ピカ★イチ試演会に始まり、本展示をむかえ、ピカ★イチ試演会で終わった、今回のhonah.leeは、
スタジオイマイチとこのピカ★イチ試演会があればこその結果だった。
このような機会と場所の利用がこれからも増えてほしいと思う。
ピカ★イチ試演会はもっと気楽に、もっとフランクに、カレーとともに遊べる場所にしたい。
(イフクキョウコ)

You may also like...