[貸館] Cie Cadmium – Mesmer teaser

tumblr_n9dncijrq61rix3zoo1_r1_1280

ダンサーとミュージシャンからなるバンド
”Cie Cadmium”
スイスから来日!MESMER TOUR!!

スイスの電子音響パーフォマンスバンド”Cie Cadmium”が来日。
メンバーは、ダンサーAnnika DindとミュージシャンJamasp Jhabvala の二人。
ピエゾ(セラミック素子でできたスピーカーまたはマイク)と電磁センサーが付いてる
特殊な服を着たパフォーマンスです。
ミュージシャンは、センサーからの信号をサウンド処理し様々なテクスチャーを創造します。
ダンサーはその場にあるもの、空間、観客との距離、などを取り入れパフォーマンスします。
そんな二人の音楽とダンスから立ち上がる空間をお楽しみ下さい。
今回のMESMER tourでは東京・大阪ほか10か所7都市をめぐります。

日時 2014年10月23日(木)開演19:30 (開場19:00)
場所 スタジオイマイチ
料金 1,000円
主催 Cie Cadmium

*MESMERツアーの山口公演のみ、お問合せ・ご予約に関してはスタジオイマイチまでお願いします
contact

*アフタートークについて(10/22加筆)
ライブ終了後にアフタートークを設定することになりました
アーティストお二人に作品のことや創作環境などをお聞きしたいと考えています
お時間許す方ぜひライブ後もご参加下さい
全体の終了時間は21時を予定しています

/// ツアー詳細 ///(cie cadmiumより)

ツアー宣伝映像はこちら→you tube

Mesmer is an electroacoustic performance from the Swiss company Cadmium for a butoh dancer and a musician where the dancer wears piezo and electromagnetic sensors. The sound is then treated and spatialized on various small DIY emitters.
Floor quality and electromagnetic fields around are the sound sources and enhance the sonic potential of the different invested places. The musician present on the stage, controls and modifies the sounds emitted by the dancer in motion by using effects, thus generating different sound textures.
The dancer follows a dramatic frame borrowed from the 18th century magnetism experiments but also inspired from the place atmosphere. Aspect of the walls, size of the space, proximity to the public : all of these are used by the dancer to build the performance.

Mesmer est une performance électroacoustique de la compagnie suisse Cadmium pour une danseuse butoh et un musicien dans laquelle la danseuse est munie de capteurs piézoélectriques et électromagnétiques. Le son est ensuite traité et spatialisé sur divers émetteurs DIY.
En jouant avec la qualité du sol et les champs électromagnétiques présents sur place, la performance met en avant le potentiel sonore du lieu investi. Le musicien, présent dans l’espace scénique, contrôle et modifie les sons émis par la danseuse en mouvement en se servant d’effets, générant ainsi des textures sonores différentes.
La danseuse suit une trame dramaturgique empruntée aux essais de magnétisme du 18e siècle mais s’inspire également de l’ambiance du lieu. Aspect des murs, taille de l’espace, proximité avec le public : tous ces éléments sont exploités par la danseuse afin de donner vie à la performance.

メスメルはスイスのバンド”カドミウム”の電気音響パーフォマンスです。
メンバーは、ピエゾと電磁センサーが付いてる特殊な服を着たダンサーとミュージシャン の二人です。
センサーからの信号をサウンド処理されDYI装置でスパチャライズされ、床と電磁界の 質で、その時々によりパフォーマンスが変わっていきます。
舞台空間上のミュージシャンはダンサーの動きから出る音をエフェクト処理しテクスチャ ーを創造します。
ダンサーは18世紀のテスト磁気(メスメリズム)にインスピレーションされ、その場の 雰囲気に合わせてパフォーマンスをします。また、ダンサーは側壁、スペースサイズ、観 客との距離などすべてをパフォーマンスに取り入れています。

27.09.14 Nuit des Musées, Learning Center, EPFL, Lausanne
17.10.14 Flying Teapot, Tokyo
18.10.14 Bullets, Tokyo
19.10.14 MIIT house, Osaka
20.10.14 Figya, Osaka
21.10.14 Chef-d’oeuvre, Osaka
22.10.14 Urban Guild, Kyoto
23.10.14 Studio Imaichi, Yamaguchi
25.10.14 Art Space Tetra, Fukuoka
26.10.14 Spazio Rita, Nagoya

avec le soutien de la Ville de Lausanne, des affaires culturelles de l’EPFL, de la fondation Engelberts et de l’Annexe 36

あわせて読みたい