[イチイチ企画]11月「自分の手紙」

 

 ichiichi_tegami_151120 のコピー2 ichiichi_tegami_151120 のコピー

イチイチ企画 11月

演劇ワークインプログレス
自分の手紙を使った脚本の作り方

タイトル「自分の手紙」

司会進行:みやざきめぐみ

自分が誰かに出した手紙を、相手から返してもらってもう一度読んでみた。
差出人に読み返すことを予想されていなかった手紙。
懐かしさと違和感。
手紙を音読し、再構築して、返事をする。
人の手紙を覗くみたいな気持ち悪さ。
お客さん参加型のワークインプログレス形式で、自分の手紙という脚本はどういう形に変貌し得るのか、 観客のみなさんにも実際に手紙を書いてもらったり聞いてもらったりしながら、探ります。
*ワークインプログレスとは 作品制作の上で、創作過程を試験的に発表し、 観客の意見を取り入れながら作品をつくりあげていく手法です。

日時: 11月29日(日) 15:00-16:00(受付開始30分前)
会場: スタジオイマイチ (*移転しました…山口市道場門前2-4-15-2F)
定員: 15名(予約不要、先着順、定員になり次第締め切ります)
参加費: 200円(ワンドリンク付)

企画制作:スタジオイマイチ
主催:みやざきめぐみ

[イチイチ企画]10月「イマイチ落語会」(移転プレオープンイベント)

ichiichi_rakugo_151011_03 のコピー ichiichi_rakugo_151011_03 のコピー2
イチイチ企画 10月 「イマイチ落語会」(スタジオ移転 プレオープンイベント)
*落語終了後簡単なプレオープンパーティーいたします。ぜひあわせてご参加下さい。

落語の醍醐味はなんといっても、噺の最後に「オチ」がつくこと。 どんなオチがつくのか想像を膨らませながら演者の噺を聴く楽しみがあります。 また、落語の最大の特徴は、演者が一人で何役も演じ、言葉、仕草、小道具のみで噺を進めます。 舞台装置も極力使わずとてもシンプルなパフォーマンスです。その分演者の工夫が際立ち、 登場人物の言葉遣い、動きの仕草、扇子と手拭いくらいの小道具で、変化を魅せていきます。 シーンの切り替えやさまざまな人物へ瞬発的に変化していく演者の様子は、 おおいな見所のひとつです。江戸時代前後から盛んになり現在まで続いている落語は、 噺の内容も古典的なものから、現代の時代にあわせた身近なお噺の新作落語までいろいろです。 今回は山口大学落語研究会が古典落語やサラリーマンがでてくるような現代落語をとりまぜ おおくりします。

演目(予定)

「白犬」 「リストラの宴」(春風亭昇太作)」 他

演者

* 山口大学落語研究会
江島屋凌(江島凌)
祝っ亭マツリダゴッホ(永易佑都)
松柏亭灯(濵田菜摘)

 

日時: 2015年10月24日(土)18:00開場18:30開演
会場: (new!!) スタジオイマイチ *山口市道場門前2-4-15-2F
料金: 300 円
申込方法: メールでお申し込みください。
[yamadai_rakugo@yahoo.co.jp]
タイトル「イマイチ落語会予約」とし、枚数・お名前・電話番号または メールアドレスを明記し、上記メールアドレスにお送りください。

企画制作: スタジオイマイチ
主催: 山口大学落語研究会、スタジオイマイチ

[山口大学落語サークル] プロフィール
現在四人で活動中。不定期で老人ホームや公民館などで 落語をしています。 依頼があればどこまでも。

[イチイチ企画]9月 10drawing しおりワークショップ

ichiichi_siori_150915 のコピー2 ichiichi_siori_150915 のコピー

イチイチ企画9月 10drawing しおりワークショップ

講師:村上千咲

参加者の皆さんが、廃材を組み合わせてしおりをつくります。 しおりは元々植物、枝などを折り、登山や道に迷わないように目印にする もので、この、目印にするために摘まれた植物がぐったりと萎れることから 「しおり」という言葉がうまれたそうです。 「萎れた」状態と、廃材の「役に立たない」「利用価値がない」という性質が 重なり、今回廃材を利用することにしました。 廃材を廃材とするのか、それともなにかに転化していくのか、利用価値は 人それぞれ。価値観や感じ方のなかに、面白さを見出していきます。 電子書籍で本が読める時代ですが、本には「重さ、厚さ、匂い」など、本そ のものにストーリーがプログラムされています。作ってもらうしおりを本には さんで、新たな本のかたちを発見します。 廃材の中には、本も含まれています。 物語や文章ではなく、言葉や単語を切り取って見てみましょう。 ショップで用意する廃材はこちらで準備します。 10種類の廃材のなかから選んで自分だけのオリジナルしおりを製作します。 おもいおもいの組み合わせを楽しんでください。

日時: 2015年9月19日(土)12:00–18:00 20日(日)10:00–18:00
会場: YCAMスタジオA /mini Maker Fair ブース内「10drawing」
料金: 無料
対象: どなたでも
定員: 材料がなくなるまで(先着順)
持ち物: なし
申込: 不要(直接mini maker fairの会場にお越しください。その中のイチブースにて行っています。)

企画制作: スタジオイマイチ
主催: スタジオイマイチ(村上千咲)
共催: Yamaguchi Mini Maker Fair

[メンバー情報!]大脇理智・イフクキョウコ

スタジオイマイチお教室シリーズのコンテンポラリーダンスお教室の発表公演があります
講師の大脇理智、とメンバーのイフクキョウコ、が構成出演します

日時:2015年10月4日(日)15:00開場15:30開演
場所:スタジオイマイチ

主催;スタジオイマイチ・コンテンポラリーダンス教室
詳細・お問い合わせはこちらまで→

[past events]オープンソース公開

スタジオイマイチが過去におこなったイベントの数々のなかから
共有できそうなコンテンツをオープンソースとして公開します

専用ページをtumblr.で作成しました→

まずは、6周年でおこなったかりもの競走から公開です。順次アップ予定です。

[イチイチ企画special]ゾンビママの Be Zombie!workshop + あれこれゾンビポージング

2015年度、イチイチ企画をはじめます。]

スタジオイマイチメンバーが、「一人(ひとり)一(イチ)企画」を担当しそれぞれが考える身体表現においてスタジオイマイチとお客さまが交流をはかる、芸術と世界の接点 を探るプログラムを実施します。 名付けて「イチイチ企画」!メンバーのユニークな催しにどうぞご参加下さい。
8月は、メンバー「ゆうた2」による「イチイチ企画」をお送りします。 哲学的な問いから生まれたポージングの追求をゲスト「ゾンビママ」を迎え、specialな企画となりました。

< 8月 August > イチイチ企画 special
 ゾンビママの Be Zombie!workshop+あれこれゾンビポージング

講師––– ゾンビママ+ゆうた2

zombemama

ゾンビママによるゾンビになるワークショップです。 みんなでゾンビに感染してみましょう。 感染すると筋肉は衰え、ところどころ腐りうまく歩けない。 ゾンビママから感染したゾンビは大人も子どももみんなゾンビママのかわいい 子どもです。特殊なメイクや動きを実践することで、自信に満ちあふれた生ける 屍(しかばね)になり、ポーズをとってみましょう。最後は美しいちょうちんまつり のちょうちんの下、カメラの前でその姿をみせつけます。 ポージングリーダーはスタジオイマイチのゆうた2が担当、 リーダーのもとゾンビポージングをあれこれ試してみましょう。
*メイクをしますので、汚れてもよい服装でお越し下さい。
*破いたり汚してもいい服があればご持参ください。

日時 ––– 2015年8月6日(木)16:00 –18:00
*申込多数の場合7日に追加ワークショップをします。
会場 ––– スタジオイマイチ
料金 ––– 1000円(当日受付にて、お支払い下さい)
対象 ––– どなたでも(小さなお子様は親子ペアでご参加下さい)
定員 ––– 6名(先着順 、定員になり次第締切ります)

申込先 ––– スタジオイマイチ
mail@ imaichi.net|070-5535-7869
《〒、住所、参加者氏名(ふりがな)、生年月日、 電話番号を記入の上送信ください。》
(〆切:8月5日)

企画制作:スタジオイマイチ、ゆうた2 、ゾンビママ
楽曲制作:中上淳二
制作補助:仲島智紗子
撮影記録:谷康弘
宣伝美術:村上千咲

協力:そごう呉服店さま、Mr.YVEさま

[イマイチへのアクセス]
山口市駅通り2-3-22-2F
JR山口駅から徒歩3分

[ゾンビママ]
2011年、老人ホームを見舞ってゾンビ感染。80歳以上の人を驚かせたいという想いから、日常で出会った商店街や定食屋のおじさんを巻き込んで感染活動を行う。 ゾンビホスピタル、スナックゾンビ、ゾンビ高校卒業式 などイベントやワークショップを行い感染拡大中。

[関連企画]

ちょうちんまつり毎度おなじみスタジオイマイチのおばけやしき
今年は ゾンビツアー!
日時:8月6日(木)7日(金)19:00–21:00
入場料:一人500円
*当日受付。先着順、雨天中止。
(申込多数の場合は、お断りすることがあります。 あらかじめご了承下さい。)

[イベント]イチイチ企画

2015年度はスタジオイマイチ『イチイチ企画』!

メンバー8人=8企画。

スタジオイマイチメンバーが、ひとり、イチ企画、を担当し
それぞれが考える身体表現において
スタジオイマイチとお客さまが交流をはかる、芸術と世界の接点を探るプログラムを実施します
壮大で地味な取り組み
名付けて「イチイチ企画」!

よりどりみどり。
これから詳細発表していきます。
乞うご期待!

[イベント]ピカ★イチ試演会vol.16

日時 2015年3月21日(土) 19:00 start
場所 スタジオイマイチ
入場無料(予約不要)

<<今回のエントリー>>(予定・出演順は当日コインで決定)
1,スタジオイマイチ(イフク)
2,山口晋之介
3,別府遼太
4,人見功一(代理説明;別府)
*今回はすべてのエントリーにおいて
スタジオイマイチで行われる「2015年度の企画について」プレゼンします

<<ピカイチおむすびあります(有料)>>
毎回メンバーがにぎる創作おむすびになります
味はにぎる人によるテーマがあります

主催 スタジオイマイチ
お問合せ先 mail☆imaichi.net(☆を@に変えてください)
※ピカ★イチ試演会は通常奇数月第3土曜日開催です
※エントリー募集しています!
詳細はこちらへ→ピカ★イチ試演会スケジュール

[スケジュール]2015/3月

2015年3月の予定

3月15日 突劇?!喜劇病棟コントライブ「contrive_5 ~Re Start~」
3月21日 ピカ★イチ試演会vol.16

お教室よりお知らせ

・西京大喜利倶楽部→開催曜日が2月より「日曜」になりました!
・ピラティスは1-3月はお休みです(4月より再開予定)
*お教室詳細はこちら→お教室のページ

 

*各詳細は随時upしていきます

[スケジュール]2015/2月

2月の予定

2015年2月1日〜8日 コレクティヴ:EAS_Y Vol.01に参加
2015年2月20日 シリーズからだ図鑑その1声帯パフォーマンス&アフタートーク

お教室よりお知らせ

毎週日曜 西京大喜利倶楽部→開催曜日が2月より変更になりました!
ピラティスは1-3月はお休みです(4月より再開予定)
*お教室詳細はこちら→お教室のページ

 

*各詳細は随時upしていきます

[参加イベント]コレクティヴ:EAS_Y Vol.01

コレクティヴ:EAS_Y Vol.01
地域と語る: 資源 × 探求 × 記録 × 集合

展覧会
『コレクティヴ:EAS_Y Vol.01 地域と語る: 資源 × 探求 × 記録 × 集合 』は、大学間連携と地域の若手芸術家育成を目的に、山口県の地域資源などに注目し、国内外の講師やアーティストによるレクチャー及びワークショップから得られた成果を発表する展覧会です。地域の中堅と若手アーティストで構成された7グループが、N3 ART Labを中心に山口市駅通り周辺の空き店舗数カ所で作品を展示します。この展覧会により現代美術の視点から地域資源を掘り起こすと同時に、広く皆様にも地元の特色を再確認していただける機会になればと思います。

日時:
2015年2月1日(日)〜2月8日(日)、12:30〜18:30

会場:
N3 ART Lab と 山口市駅通り近隣数カ所で開催
*詳しくはN3 ART Labにてご確認下さい。

アーティスト・トーク
2月1日(日)15:00 – 17:00
N3 ART Labから出発し、参加アーティストと各会場をまわりアーティスト・トークを実施します。

参加アーティスト:
ノーヴァヤ・リューストラ×甲斐少夜子
Novaia Liustra × Sayoko Kai
原井輝明×宮本陽介
Teruaki Harai × Yousuke Miyamoto
松尾宗慶×臼杵万理実
Soukei Matsuo× Marimi Usuki
澤登恭子×松野真知
Kyoko Sawanobori × Masatomo Matsuno
白川美幸×森下嘉昭
Yoshiyuki Shirakawa ×Yoshiaki Morishita
スタジオ・イマイチ×山口功
StudiaIMAICHI× Isao Yamaguchi
大中和典×the temporary space
Kazunori Ohnaka × the temporary space

///問い合わせ///
山口大学教育学部美術教育教室 中野良寿研究室
〒753–8513 山口県山口市吉田1677-1
Cell: 090-9003-6944 TEL & FAX : 083-933-5366
Website: http://n3-art-lab.com/collective/
facebook: https://www.facebook.com/N3ARTLAB

コレクティヴ:EAS_Y Vol.01
地域と語る: 資源 × 探求 × 記録 × 集合
コレクティヴ:エマージング アーティスト サポート in 山口 vol.01
Collective: Emerging Artist Support in Yamaguchi
大学連携による地域文化の特色を活かした若手芸術家の育成事業
文化庁委託業務「平成26年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁「平成26年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」、山口大学
共催:山口県立大学、山口芸術短期大学
後援:山口市、山口市教育委員会、公益財団法人山口市文化振興財団、
山口現代藝術研究所(YICA)、 N3 ART Lab
企画制作:山口大学

[blog]ピカ★イチ試演会vol.15

今回のエントリー出演順は開始してからコインの表裏で決定しました。
スタジオイマイチも参加している、近日展示発表が行われる「コレクティブEAS_Y」より2組がエントリーし、
それぞれ制作途中のプレゼンとなりました。
※コレクティブEAS_Yとは→web

#ピカイチむすび

担当;別府
タイトル「和解」
アンパンマンにでてくる、バタコさん、オムスビマンと、たぬきおに、が作中複雑な関係となっているため、彼らの和解のために考案したおむすび。
ひとつ食べるだけでお腹がいっぱいになるボリューム感がありました。

#エントリー1;スタジオイマイチ×山口功

ピカイチでの説明はスタジオイマイチの山口晋之介が行った。

タイトル「通学路のデジャブ」の制作をすすめている。
いろんな方から「あなたの通学路の風景を文章で教えて下さい」と募っている。
その集めたそれぞれの通学路=個人の記憶にある風景、を
この山口市内(N3 Art Lab周辺10kmくらい)でむりやり照合、写真をとり、再集合させる、
という取り組みを行っている。

制作をすすめている山口晋之介にとって
新しい土地で自分がなじむことができるひとつの経過体験として
例えば、
「はるやま」と「青山」があると近所だと思ってしまう条件が自分にあり
安心してしまう。
そのときの安心感は違う土地なのに自分の地元に行ける、または、小さい頃に戻れることができる、という瞬間であり、
新しい土地になじむことができた、なじんできたと感じた。

個人の記憶、心象を、まったく別の場所で別の人が関わる事で
そこにはなにがみえてくるのだろうか、ということが今回の制作の出発点となっている。

現在のところルールとして
1枚のアンケートに対して必ず1枚の写真、をルールとして守る
アンケートの文章そのものそのままだけではなく、
アンケートのなかからことばをピックアップして似た風景を探す
としている。

ピカ★イチ試演会会場の参加者から
・影、時間の感じ方に影響するのでは?
・登下校の時間、天気、を気にする必要があるかも
といった意見があった。
今後アンケートを集めながら考えていくようだ。

#エントリー2;the temporary space×大中和典

ピカイチでの説明は鈴木啓二朗が行った。

タイトル「尾張画工山口駅通御旅所滞在見聞録」の制作をすすめている

もともとthe temporary spaceの意味は、「一時的な空間」ということで
「一時的」を重点的に眺めならでっちあげる試みにでようと考えている。

N3 Art Labの周辺、山口市内の様々な場所、資材、記憶、記録を丹念に調べている。
例えば、山口の八坂神社御旅所の機能は、神様が「一時的に」寄る場所としてあったり
尾張の画工がいた形跡があり、
現在はレジデンスプログラムなどアーティストの滞在企画が各地で行われているが、
その昔から神社仏閣に絵師が来て絵を書いて地域のヒトに敬われそしてまた旅にでていくということが行われていた、、、など
今回はその調査した結果をでっちあげながら真似てみようと考えている。
そこから地域資源としてなにかいかせていけるのではないかという思いでいる。

説明をうけたあと、会場のお客さんに協力いただいて
でっちあげの人物設定で台詞をつくり、即興寸劇を行ってみた。
これが本展でどういかされるかはわからないが、でっちあげから地域資源に転化していく可能性もあるのかもしれない。

(スタジオイマイチ イフク)

[イベント]ピカ★イチ試演会vol.15

日時 2015年1月17日(土) 19:00 start
場所 N3 Art Lab
入場無料(予約不要)

<<今回のエントリー>>(予定)
(コレクティブEAS_Y参加者より)
1,スタジオイマイチ+山口功
2,the temporary space+大中和典
※コレクティブEAS_Yとは→web

<<ピカイチおむすびあります(有料)>>
メンバーによる創作おむすびになります
味は毎回不思議味かもしれません

主催 スタジオイマイチ
お問合せ先 mail☆imaichi.net(☆を@に変えてください)
※ピカ★イチ試演会は通常奇数月第3土曜日開催です
※エントリー募集しています!
詳細はこちらへ→ピカ★イチ試演会スケジュール

[メンバー情報/宮﨑萌美]劇団シバイヌ インプロ企画「犬が西向きゃ尾は東!」

インプロ企画「犬が西向きゃ尾は東!」
日時 2015年1月18日(日)19:00~
場所 スタジオイマイチ
チケット 1枚 500円(ワンドリンク+お菓子付き)

席に限りがございます、予約はTwitter、メールなどでも受付中です!(・∇・)
主催 劇団シバイヌ
お問合せは主催者様までお願いします

[スケジュール]2015/1月

1月の予定

1/18 ピカ★イチ試演会
1/19 劇団シバイヌ/インプロ企画「犬が西向きゃ尾は東!」

お教室よりお知らせ

毎月第1・3水曜 西京大喜利倶楽部
ピラティスは1-3月はお休みです(4月より再開予定)
*お教室詳細はこちら→お教室のページ

先の予定

1,
2014年10月〜2015年2月 コレクティヴ:EAS_Y Vol.01にスタジオイマイチとして参加しています
2015年2月に作品制作過程発表予定@N3 Art Labおよびその近辺
2,
2015年2月17日〜20日 ダンス滞在制作があります
関西より砂連尾理さんをお迎えしスタジオイマイチメンバーイフクキョウコと滞在制作を行います

*各詳細は随時upしていきます

[イベント]スタジオイマイチ7周年感謝祭!

imaichi_flyer_141204_white

協力 BAOBAB(カレー)
7周年記念グッズ制作 徳原千恵
ちらしポスターデザイン 村上千咲
照明デザイン・操作 別府遼太
イマ1番ドマネージャー 安藤裕美

あっと驚くあご劇[予告編]

///当日のタイムテーブル///
17:00 open
17:30 start
・乾杯(ゾンビママ)
・よろこびのうさぎダンス(大脇理智、イフクキョウコ)

18:00 あご劇
配役;
白雪姫(村上)、王子/ナレーション/家来(別府)、
女王(人見)、鏡(谷(skype出演)、
小人(大脇、宮﨑、山口、浜田)、
鳥(安藤、徳原)

19:00 メンバー各パフォーマンス
1、メンバー紹介(人見功一)
2、落語「子ほめ」(浜田菜摘)
3、インプロ演劇(宮﨑萌美&劇団シバイヌ)
4、イマ1番ドによる「イマイチのうた」演奏(イマ1番ド)
21:00 終了

[スケジュール]2014/11月

11月の予定

11/5,19(水)お教室 西京大喜利倶楽部

*お教室詳細はこちら→お教室のページ
*各詳細は随時upしていきます

先の予定

2014年10月〜2015年2月 コレクティヴ:EAS_Y Vol.01にスタジオイマイチとして参加しています

12/20スタジオイマイチ7周年感謝祭!
(詳細後日発表予定)

 

[メンバー情報/人見功一]第二回中国ブロック劇王決定戦

スタジオイマイチメンバーの人見功一(突劇?!喜劇病棟)が出演します
「第二回中国ブロック劇王決定戦」

→詳細はこちらへ 日本劇作家協会

[日時] 2014年11月2日(日) 12:30ー18:00(終了予定)
[会場] 広島市青少年センター ホール
(広島市中区基町5番61号)

主催:広島演劇協会、日本劇作家協会中国支部、
広島市教育委員会 広島市青少年センター
提携:舞台芸術制作室 無色透明
協力:一般社団法人 日本劇作家協会、劇団小豆組

煽(おだ)てよう、育てよう──みんなで勝者を煽てて、育ててみよう!
「中国ブロック劇王」
観客の投票と審査員による審査で勝敗を競う短編演劇祭。優勝者には宮島の職人による手作り「巨大しゃもじ」が贈呈される。
作品の優劣を決めるのが目的ではなく、劇作家たちが互いに切磋琢磨し、繋がり合うきっかけとして行われているもので、コスプレ司会者や屋台の出店、公共ホールなのに会場での飲食自由など、真剣勝負の中にユルさやバカバカしさが共存しているのもこの企画の特徴である。

[お知らせ]コレクティヴ:EAS_Y Vol.01に参加します

スタジオイマイチは、
コレクティヴ:EAS_Y Vol.01
に参加します。
詳細→webサイト
今月10月より来年2月までの約半年間「地域と語る」をテーマに取り組んでいきます。
2015年2月初旬には成果発表をする予定です。

/// /// ///
コレクティヴ:EAS_Y Vol.01
地域と語る:資源 × 探求 × 記録 × 集合
/// /// ///
コレクティヴ:エマージング アーティスト サポート in 山口 vol.01
Collective: Emerging Artist Support in Yamaguchi
大学連携による地域文化の特色を活かした若手芸術家の育成事業
文化庁委託事業「平成26年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁、山口大学
共催:山口県立大学、山口芸術短期大学
後援:N3 ART Lab、山口現代藝術研究所(YICA)、やまぐち街なか大学
企画制作:山口大学

[新規お教室]ピラティス

イマイチお教室シリーズに新しいクラスが加わります
10月の1ヶ月はプレ開講です
様子を見てひきつづき11月より本開講となります

講師:もりもとせつこ ピラティス. ROOM

<ピラティス体験会>
2014/10/1㈬
①12:30~13:20 ②14:00~14:50
体験料 ¥500(この日の特別料金!)

<レッスン日>
10/8-スタート
毎週(水) ①13:00~14:00 ②14:30~15:30 (体験会とは時間が異なります)
お月謝(月4回)¥5,000 ドロップイン ¥1,500 初回体験料 ¥1,000

予約制、男性の参加OK
ヨガマット(お持ちでない方は問合せを)、フェイスタオル、水分補給の飲み物、動きやすい服装(更衣室あり)
問合せ・連絡先:ピラティス.room 080-6319-3176まで

[blog]ピカ★イチ試演会vol.14

date;2014/9/20
スタジオイマイチにて

少人数ながら和気あいあいとした雰囲気の中
つっこんで参加した方々と話しができました
今回より登場の「ピカイチむすび」も好評
ではさっそく

#ピカイチむすび
担当;浜田
テーマは「高校のときのお弁当の味」
浜田が高校生のとき自分でお弁当を作って持っていった時のお気に入りの組み合わせ、ツナと塩昆布。
ボリュームありなかなかのバランス味。
ピカイチむすびは注文を受けてからその場でにぎります。
あつあつが召し上がれます。

#エントリー
1、突劇?!喜劇病棟 [演劇]
10月に本番を控えその作品内容についての説明。
といってもただ説明するのではなく、テレビ番組「●子の部屋」に似せた形式で進行。
突劇?!喜劇病棟ではなく突劇?!喜劇病棟の団員、森光企画であること、と、入場料700円がいかに頑張っている価格か、の2点を強調した。
内容はこれから煮詰めていくとのこと。
10/4-5、スタジオイマイチにて公演あります。→突劇?!喜劇病棟

2、スタジオイマイチ [スタジオ運営]
スタジオイマイチを支える方法、についてプレゼンした。
1、外から支える方法=お客さん=「会員制度」
2、内から支える方法=メンバー=「貢献制度」
この2つを設定してみてはどうかという提案をした。
特に1、の会員制度について
料金設定やお客さんとしてのイマイチ利用頻度、などがマッチングしないようで、学生料金の設定をする、年間スケジュールが年始に設定できる、などもうひと工夫が必要のよう。
また単純に会員になったときのお得感としては、キャッシュバックよりプレミア感のあるグッズのほうがよい、という意見もあった。(学生や主婦目線なのだろうか?)
またここから話しは広がり、スタジオイマイチがどうあったらいいか、どうあってほしいか(お客さんとして)などの積極的な意見交換ができた。
スタジオイマイチの催しはどうしても内輪感が強すぎてお客さんとして入りにくいところがある、との意見もあり、その点をどの程度ひらけて、どの程度自分たちのここでしかできないこと感を維持していくか、そのあたりをもうすこし考えていく必要がありそうだ。

(イフクキョウコ)

[貸館] Cie Cadmium – Mesmer teaser

tumblr_n9dncijrq61rix3zoo1_r1_1280

ダンサーとミュージシャンからなるバンド
”Cie Cadmium”
スイスから来日!MESMER TOUR!!

スイスの電子音響パーフォマンスバンド”Cie Cadmium”が来日。
メンバーは、ダンサーAnnika DindとミュージシャンJamasp Jhabvala の二人。
ピエゾ(セラミック素子でできたスピーカーまたはマイク)と電磁センサーが付いてる
特殊な服を着たパフォーマンスです。
ミュージシャンは、センサーからの信号をサウンド処理し様々なテクスチャーを創造します。
ダンサーはその場にあるもの、空間、観客との距離、などを取り入れパフォーマンスします。
そんな二人の音楽とダンスから立ち上がる空間をお楽しみ下さい。
今回のMESMER tourでは東京・大阪ほか10か所7都市をめぐります。

日時 2014年10月23日(木)開演19:30 (開場19:00)
場所 スタジオイマイチ
料金 1,000円
主催 Cie Cadmium

*MESMERツアーの山口公演のみ、お問合せ・ご予約に関してはスタジオイマイチまでお願いします
contact

*アフタートークについて(10/22加筆)
ライブ終了後にアフタートークを設定することになりました
アーティストお二人に作品のことや創作環境などをお聞きしたいと考えています
お時間許す方ぜひライブ後もご参加下さい
全体の終了時間は21時を予定しています

/// ツアー詳細 ///(cie cadmiumより)

ツアー宣伝映像はこちら→you tube

Mesmer is an electroacoustic performance from the Swiss company Cadmium for a butoh dancer and a musician where the dancer wears piezo and electromagnetic sensors. The sound is then treated and spatialized on various small DIY emitters.
Floor quality and electromagnetic fields around are the sound sources and enhance the sonic potential of the different invested places. The musician present on the stage, controls and modifies the sounds emitted by the dancer in motion by using effects, thus generating different sound textures.
The dancer follows a dramatic frame borrowed from the 18th century magnetism experiments but also inspired from the place atmosphere. Aspect of the walls, size of the space, proximity to the public : all of these are used by the dancer to build the performance.

Mesmer est une performance électroacoustique de la compagnie suisse Cadmium pour une danseuse butoh et un musicien dans laquelle la danseuse est munie de capteurs piézoélectriques et électromagnétiques. Le son est ensuite traité et spatialisé sur divers émetteurs DIY.
En jouant avec la qualité du sol et les champs électromagnétiques présents sur place, la performance met en avant le potentiel sonore du lieu investi. Le musicien, présent dans l’espace scénique, contrôle et modifie les sons émis par la danseuse en mouvement en se servant d’effets, générant ainsi des textures sonores différentes.
La danseuse suit une trame dramaturgique empruntée aux essais de magnétisme du 18e siècle mais s’inspire également de l’ambiance du lieu. Aspect des murs, taille de l’espace, proximité avec le public : tous ces éléments sont exploités par la danseuse afin de donner vie à la performance.

メスメルはスイスのバンド”カドミウム”の電気音響パーフォマンスです。
メンバーは、ピエゾと電磁センサーが付いてる特殊な服を着たダンサーとミュージシャン の二人です。
センサーからの信号をサウンド処理されDYI装置でスパチャライズされ、床と電磁界の 質で、その時々によりパフォーマンスが変わっていきます。
舞台空間上のミュージシャンはダンサーの動きから出る音をエフェクト処理しテクスチャ ーを創造します。
ダンサーは18世紀のテスト磁気(メスメリズム)にインスピレーションされ、その場の 雰囲気に合わせてパフォーマンスをします。また、ダンサーは側壁、スペースサイズ、観 客との距離などすべてをパフォーマンスに取り入れています。

27.09.14 Nuit des Musées, Learning Center, EPFL, Lausanne
17.10.14 Flying Teapot, Tokyo
18.10.14 Bullets, Tokyo
19.10.14 MIIT house, Osaka
20.10.14 Figya, Osaka
21.10.14 Chef-d’oeuvre, Osaka
22.10.14 Urban Guild, Kyoto
23.10.14 Studio Imaichi, Yamaguchi
25.10.14 Art Space Tetra, Fukuoka
26.10.14 Spazio Rita, Nagoya

avec le soutien de la Ville de Lausanne, des affaires culturelles de l’EPFL, de la fondation Engelberts et de l’Annexe 36