[10周年]対話の時間「10年後をソウゾウする」(後半)

!! check !!

*詳細情報を常時下記にて更新しています。
facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/320281015161870/

 


スタジオイマイチ10周年企画 トークイベント

対話の時間「10年後をソウゾウする」

 

スタジオイマイチは2017年12月にて10周年を迎えました。

そこで、10年後の世界をソウゾウ(想像、創造)するというテーマをかかげ、さまざまな方々と「話す」ことを重ねていく対話の時間(トークイベント)をすることにしました。

スタジオイマイチは、「身体表現の実験と批評の場」というテーマを掲げ、これまで様々な試みを積み重ねてきました。それらをふまえこれからやってくる「こと/もの」を想像していきます。

10年後という、遠そうで近しい未来、スタジオはもとより、地域、社会、世の中がいったいどのように変化していくのか、またどんな変化があったらいいのか、10年単位というスパンでみつめながら、その姿を予感/予想/想像そして創造しながら対話を重ねていきます。

ゲストの方をお呼びし全6回の毎回異なるテーマでお話しします。

前半3回は終了しました。後半はいまの子供たちからみるこれからの身体、や、豊かな人生を考える上で不可欠な休みの時間、そしてスタジオイマイチの活動の原点である芸術とコミュニティについて、考えていく時間になります。

ご一緒に10年後をソウゾウしましょう。


開催基本情報

*主にトークイベント情報です。そのほか最新情報はfacebookのイベントページをご覧ください。

日時/会場/入場料:

日時: 2018年 10月21日(日)、11月18日(日)、12月15日(土)~16日(日)

会場: スタジオイマイチ

入場料: 1000円〜1500円程度(要1ドリンクオーダー)*中学生まで無料 

定員: 各回30名程度

予約:できるかぎり事前にご予約をおねがいします。

 

お題とトークゲスト

4回目

10月21日 日曜 14:00-
◎10年後の休み方は?〜休み方ハッカソン!〜
ゲストファシリテーター 西翼さん

働くことと休むことのバランスについて掘り下げ、理想の休み方を探っていきます。

5回目

11月18日 日曜 14:00-
◎10年後のこどもたちは?〜こどもへの手当てからみるこれからのからだ〜トークゲスト 山上亮さん

整体の手当てを通してこれからのからだを考えてみましょう。

*親子整体手当てWSを別途行います。FBページを確認ください。

ファイナル

12月15日 土曜 13:00-
「10年後をソウゾウする」おしまい編
◎10年後の芸術とコミュニティは?
ゲストファシリテーター 会田大也さん

山口における芸術とコミュニティの10年後のあり方について想像します。

(おまけ)

12月16日 日曜 16:00-
「10年後をソウゾウする」はじまり編
◎イマイチソウゾウ(しい)パフォーマンス特集!!
出演予定 イマイチメンバー ほか

(もっとおまけ)

12/15夜に「イマイチソウゾウパーティー」を予定しています。
詳細は後日・・・


申し込み方法

emailにて、件名「10年後をソウゾウする」と明記の上、下記記入しお申込みください。

  • 氏名+ふりがな
  • 参加希望日と予約人数
  • 電話番号やメールアドレスなどの連絡先

メールアドレス mail@imaichi.net

*入場料は当日受付にてお支払いください。

 


トークゲストプロフィール

◆西 翼(にし つばさ)

フリーランスキュレーター、一般社団法人運動会協会理事。

1983年、和歌山県生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程芸術学専攻修了。 2012年9月から2017年3月まで山口情報芸術センター[YCAM]でキュレーターとして在籍。 池田亮司「supersymmetry」、坂本龍一+高谷史郎「water state1」、contact Gonzo「hey you, ask the animals」などの 展覧会企画を中心に、身体表現とテクノロジーについての研究開発プロジェクト「Reactor for Awareness in Motion[RAM]」、 教育普及プログラムなどを担当。2015年「YCAMスポーツリサーチプロジェクト」の立ち上げに参画し、 2015年〜2018年に開催した「YCAMスポーツハッカソン」、「未来の山口の運動会」では、ディレクションを担当。
Photo by Takayuki Ito

◆山上 亮(やまかみ りょう)

整体ボディワーカー。野口整体とシュタイナー思想の観点から、人が元気に暮らしていける「身体技法」と「生活様式」を研究。伝統文化の智慧を現代の生活に活かす方法を提唱している。整体個人指導、子育て講座、精神障害者のボディワークなど、はばひろく活躍中。また、現在は桜美林大学の山口創先生を中心とした日本タッチ協会で、タッチの教科書作りや普及活動をしている。

著書
『子どものこころに触れる整体的子育て』(クレヨンハウス、2010)
『整体的子育て2 わが子にできる手当て編』(クレヨンハウス、2011)
『子どものしぐさはメッセージ』(クレヨンハウス、2013)
『じぶんの学びの見つけ方』(フィルムアート社、共著、2014)

◆会田 大也(あいだ だいや)

1976年、東京生まれ。現在東京在住。東京大学ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム GDWS機構特任助教。
情報科学芸術大学院大学[IAMAS]卒業後、2003年から2014年までメディアアートをテーマとしたアートセンターである、山口情報芸術センター[YCAM]に教育普及担当として勤務。観賞プログラムや市民参加プログラム、メディアワークショップや公園型展示作品の企画運営を行う。これらの事業でキッズデザイン賞大賞やグッドデザイン賞、メディア芸術祭など受賞。2013年に、国際交流基金による日・ASEAN友好協力40周年記念日本と東南アジアを巡回するメディアアート展「MEDIA/ART KITCHEN」に、7カ国13名のキュレーターチームの一員として協働した。2014年より東京大学にて大学院生へワークショップデザインについて教える。
「信用ゲーム展」出品(NTT ICC、2001年)
「金庫室のゲルトシャイサー展」出品(広島アートプロジェクト、2007年)
「さっぽろユキテラス2018展」出品(札幌市北3条広場”アカプラ”、2018年)
「メディア/アートキッチン」キュレーター(ジャカルタ/クアラルンプール/マニラ/バンコク/青森/山口への巡回展、2013年)

 


お問い合わせ先

スタジオイマイチ
メール mail@imaichi.net
電話 070-5535-7869

 


主催;スタジオイマイチ

 

◎スタジオイマイチメンバー

大脇理智(代表)

イフクキョウコ

人見功一

別府遼太

宮崎萌美

橋本奈々美

 

◎宣伝美術

伊藤里織