1/30(火)の稽古

今日は桑野さんとデュオのシーンの稽古でした。
アフロかぶってみました。
このアフロが採用されるのでしょうか?
お楽しみに・・・

kawamura

1/20(土)・21(日)の練習

最近のちくはは、広島と福岡、岩国からメンバーもフルで
そろってバルーンの中で練習しました。
まずは大谷さんが、個人的に練習してきた内容を見せてもらいました。
予想以上にステキでびっくりした!すごい楽しそう!!面白くなりそうです。
1/21(日)には秋吉台芸術村で行われた公演「DANCE×MUSIC!
も観に行きつつも、全体でミーティングしながら終わりました。
あと二週間くらい!!!!

070121_chikuha.jpg

1/13 稽古日誌-お水ちゃぷちゃぷ-

今日はお水ちゃぷちゃぷをした。
お水ちゃぷちゃぷというのは、ちくは結成当初に山口在住組(ちくはメンバー半数は遠方組です)で練習していたものです。
初心にかえって、というのだろうか?
とある動きをためしていたら、これにはお水ちゃぷちゃぷの動きがあればよいねということになり、再練習。
これをもってして1つのかたちをつくる。今度は練習ではなく1つのかたちをつくる。
やりがいがある。

ひらやま

12/24「山口県ダンスサテライト講座」に出演します。

2006/12/24 Sanちくはは「山口県ダンスサテライト講座」に出演します。
「ちくは」の7人にて踊ります。

そう、クリスマス・イブ。
今週日曜日です。
広島からなかしー(中島由美子)も参加、今年「踊りに行くぜ!!」に出演した江藤(由紀子)さんはちくは初参加です。
思いきりよく踊りたいです。
お時間都合がつく方は是非観に来て下さいませ。
ちなみに、当日開場への入退出は自由だそうです。(入場無料)

そう、クリスマス・イブ。
昼は踊って、夜はおいしいものでも食べます。

ひらやま

2006/12/9 “踊りに行くぜ!” 江藤由紀子出演!

Eto01_web.gifPhoto:丸尾隆一

“踊りに行くぜ!” 江藤由紀子出演!

「踊りに行くぜ!!」vol.7に、山口より江藤由紀子が出演しました。

★日時:2006年12月9日(土) 19:00開演(30分前開場)
★会場:山口情報芸術センタースタジオB
★主催:(財)山口市文化振興財団、NPO法人 Japan Contemporary Dance Network

12/9「踊りに行くぜ!!」vol.7山口の応援パフォーマンスをします。

明日12/9は山口情報芸術センター(YCAM)にて「踊りに行くぜ!!」vol.7があります。

「ちくは」は「踊りに行くぜ!!」vol.7に対して応援団を結成しています。
先週の米屋町商店街、山口フリーマーケット骨董市、YCAM館内での応援パフォーマンスに引き続き、明日12/9(土)も応援パフォーマンスをします。明日はYCAM館内にて。

すでにwebにup済みのちくは::SCHEDULEよりもちょこっとだけスケジュールが詳しくなりましたので、お知らせします。
(とはいっても時間はあくまで予定ですので多少変更になることもあります。)
福岡から「素体ル」さんも参加される予定です。

明日YCAMに足を運ばれたら応援パフォーマンスに遭遇するかも、です。
お時間ある方は是非明日はYCAMに足をお運び下さいませ。

■1回目パフォーマンス
12:00〜13:30のうち30分程度
■2回目パフォーマンス
16:30〜17:00
■3回目パフォーマンス
18:00〜18:30

山口での「踊りに行くぜ!!」vol.7は、YCAMスタジオBにて19:00開演(30分前開場)です。
「ちくは」も応援パフォーマンス終わってから観ます!
皆さん是非是非足をお運び下さいませ。

061209_chikuhaouen.jpg
写真は去年の応援団パフォーマンスの様子。

別府

別府の踊りにいくぜは映画館にリノひいてやってました。
満員御礼。
さてさて、山口での踊りにいくぜも我らちくはの宣伝隊により負けないことがやれるはず。
私も来週末山口に乗り込むべく仕事を調整中。
みなさん、ヨロシクお願いいたします。別府帰りの熱さめやらぬソニック号車内にて。
くはっち姉より
※ごめんなさい。このブログってアゴラに関わる事しかのせたらいけないのかしらん…先に謝ります

最近の「ちくは」は・・・

今月は

・YCAM(山口情報芸術センター)にて12/9にある「踊りに行くぜ!!」vol.7にむけて応援団を結成します。12/2・12/3・12/9踊ります。詳細はコチラ

・2月こまばアゴラ劇場(東京)にてちくはの公演があるので、その準備にとりかかっています。詳細は別途。

ひらり

桑野由起子+中島由美子= 

公演まで一週間なので、さりげなく告知宣伝してみます。
桑野と中島のデュオ作品です。無駄に長期間温めてきた割に、おそろしく踊らない内容に仕上がりつつあります。

作品タイトル 『消化ハーフ』

STスポット若手作家育成プログラム
『ラボ20#19』

2006年11月18日(土)〜19日(日)

キュレーター 桜井 圭介
(「吾妻橋ダンスクロッシング」オーガナイザー)

●日時 18日(土)14:00/19:00 19日(日)15:00

●料金 前売 2500円/当日 2800円/学生 2300円(前売のみ)

●会場 STスポット
横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビルB1
TEL 045-325-0411

毛質だけではなく肌の色も脱毛には大きな影響を与えます

HPにラボ20とは・・・的なのが書いてありますので、良かったらチラ見してみて下さい。
ちくメン(ちくはメンバー)には遠いから観に来ては頂けないけれども、イイ具合にがんばてきます。
コレ終わったら、皆と共にアゴります。
kuhanakajima3.jpg

「ちくはセット」公演終了しました。

リハーサルと本番の写真をアップします。
パンツ丸見えでお見苦しいのをお見せして
反省しております。
アゴラに向けて頑張りましょう。

この下の書き込みに載っている写真は
リハーサルと本番なのですが、
お客さんが全く居ないように見えますが・・・
きちんといらっしゃっています!
本当にご来場ありがとうございました!
これからは満席になるよう頑張ります!

↓証拠写真。
20061028_chikuhaset2.jpg

かわむら

ありがとうございました。

ご来場頂いた方、反省点は色々あるものの、
本当にありがとうございました。
沢山勉強になりました。
そして色々沢山反省。
でもやって良かったねって事で、
アゴラに活かしましょう。
写真のちアップします。
ご来場頂いた方、本当にありがとうございました。
感謝感謝のあられです(古?)

かわむら

2006/10/28 ダンス・パフォーマンス「ちくはセット」

061028_chikuhaset2.jpg
今度の「ちくは」はセットでダンシング!

メンバーの個性を集めたダンス作品。ちょっとおバカでワンダフルな「ちくは」が
たっぷり詰まったプログラム。お楽しみに!
★日時:2006年10月28日(土)19:30開演
★会場:山口市民会館小ホール
★料金:500円
★出演:「ちくは」
大谷美由紀,大脇理智,川村朋美,小島千春,新田祐子,平山真紀子(五十音順)
★後援:財団法人山口市文化振興財団

ちくはセットの1日前

カウントダウンです。
明日はいよいよ本番です。今日はとおし稽古しました。
明日は皆さんよろしくお願いします。

日付かわらないうちに家に帰ったの、久しぶりな気がします。
今日はぐっすり寝て明日がんばりましょう。

ひらり

いよいよ明日本番

今日は練習は一度通して、
音入れ確認などしました。
手伝ってくれる谷君本当にありがとう!
練習量が足りない・・とか色々あるけど
今日は寝て明日に備えます。
がんばるぞっ!

かわむら

exonemoインスタレーション「REAL SPACE IN VEDA」パフォーマンス

exonemoインスタレーション「REAL SPACE IN VEDA」パフォーマンス
無事終了致しました。とても楽しかったです。
また機会があったら、ちょくちょくパフォーマンスはやっていこうと思います。
見て頂いたお客さん本当にどうもありがとうございました!
そしてexonemoの方もこの場を下さって本当にありがとうございました!

kawamura

exonemoインスタレーション「REAL SPACE IN VEDA」パフォーマンスの練習最終日

「exonemo/WORLD B」クロージングイベント、ダンスパフォーマンス
の練習してます。本日が最終日。

なのに、台風の影響ですごい雨と雷。
YCAMも一時的に停電になりました。
明日もしかしたら最悪パフォーマンスできないかも…と
不安になりがらも練習。明日は晴れると良いなぁ。。
いちを天気は曇りの様子。

バナーができました!
すごく可愛い!千春ちゃんイラスト入りです。
テーマは「宇宙人!」それは明日みてお楽しみ!
遠方の方もネットで見られますので見てください!

こちらで見られます↓↓Enter The Spaceから入れます
http://exonemo.com/RSiV/index.html

かわむら
chiku_060709_3.jpg

exonemoインスタレーション「REAL SPACE IN VEDA」

ところで、本日7/9(日)にちくはがダンスパフォーマンスをする「REAL SPACE IN VEDA」とは。
本日まで山口情報芸術センターでは エキソニモ 新作インスタレーション 「WORLD B/意識を裏返し、B面をPLAYせよ」というインスタレーションのアート展を開催中。「REAL SPACE IN VEDA」(中庭にて展示)とはそのアート展の1作品です。

「REAL SPACE IN VEDA」が展示されている中庭では随時音が流れています。
その音はネット上でリアルタイムに作り出されています。
これをみているあなたにも作ることができます。

web(「REAL SPACE IN VEDA」)に入って、[ENTER THE SPACE]クリックしていただけると分かると思いますが、
自分のパソコンには3つのアイコンが突如現れます。
それぞれのアイコンを動かすことによって音が生まれます。
音の作り方はかんたんー。
□1つのアイコンをドラッグ(緑色に光ります)して動かす。
□自分のパソコンのデスクトップでアイコンを
上←→下に動かせば、音量が 小←→大
左←→右に動かせば、音質が 低←→高
と変化する。
うまく動かせば、音楽がつくれますよー♪
自分がつくった音がとある場所でリアルタイムでながれるって素敵なことです☆

ひらり

2006/07/09 EXONEMOインスタレーション「REAL SPACE IN VEDA」パフォーマンス

20060709_exonemo.jpg
EXONEMO(エキソニモ)「WORLD B/意識を裏返し、B面をPLAYせよ」関連イベント

山口情報芸術センター(YCAM)で開催中のEXONEMO「WORLD B/意識を裏返し、
B面をPLAYせよ」に展示中の、インスタレーション作品「REAL SPACE IN VEDA」
をもとにダンスパフォーマンスに「ちくは」が参加します。
★日時:2006年7月9日(日)15:00~15:30
★会場:山口情報芸術センター 中庭(インフォメーションカウンター前) 鑑賞無料
★出演:「ちくは」大脇理智,川村朋美,小島千春,平山真紀子(五十音順)
★主催:財団法人山口市文化振興財団
★企画制作:山口市情報芸術センター

exonemoインスタレーション「REAL SPACE IN VEDA」

ところで、本日7/9(日)にちくはがダンスパフォーマンスをする「REAL SPACE IN VEDA」とは。
本日まで山口情報芸術センターでは エキソニモ 新作インスタレーション 「WORLD B/意識を裏返し、B面をPLAYせよ」というインスタレーションのアート展を開催中。「REAL SPACE IN VEDA」(中庭にて展示)とはそのアート展の1作品です。
「REAL SPACE IN VEDA」が展示されている中庭では随時音が流れています。
その音はネット上でリアルタイムに作り出されています。
これをみているあなたにも作ることができます。

web(「REAL SPACE IN VEDA」)に入って、[ENTER THE SPACE]クリックしていただけると分かると思いますが、
自分のパソコンには3つのアイコンが突如現れます。
それぞれのアイコンを動かすことによって音が生まれます。
音の作り方はかんたんー。
□1つのアイコンをドラッグ(緑色に光ります)して動かす。
□自分のパソコンのデスクトップでアイコンを
上←→下に動かせば、音量が 小←→大
左←→右に動かせば、音質が 低←→高
と変化する。
うまく動かせば、音楽がつくれますよー♪
自分がつくった音がとある場所でリアルタイムでながれるって素敵なことです☆

ひらり

exonemoインスタレーション「REAL SPACE IN VEDA」パフォーマンスの練習…

久しぶりに書き込みします。
タイトルの通り、YCAMで開催している、
exonemoインスタレーション「REAL SPACE IN VEDA」パフォーマンスを
7/9(日)15:00〜YCAMの中庭で行います。
今週になって、案を練ってやっと構成がやや決まりました。かなり焦っております。
「REAL SPACE IN VEDA」はネットからもいじれますし、中庭の様子も見られます。

本日は明後日に向けての練習後のミーティングをしております。
アンコーラのケーキをつまみつつ…

かわむらexonemoインスタレーション「REAL SPACE IN VEDA」パフォーマンスの練習…
chiku_060707_1.jpg

2006/2/3-26 ダンス・パタン・ランゲージ ~ちくはアニュアル展~

modulon_4.jpg
ダンス・パタン・ランゲージ ~ちくはアニュアル展~

1 年間の活動記録を展示するとともに、関連企画として、ワークショップおよび
パフォーマンス公演も開催いたします。
「建築が人の環境形成にどのような影響を与えているか」をテーマに、
クリストフ・アレグザンダー(1936-)著『パタン・ランゲージ』に記されるような、
建築におけるデザイン論を参照し、実際のダンススペースとなる部屋を作りながら
パフォーマンスを組みたてていきます。
また、『パタン・ランゲージ』に新しい解釈を持ち込んだ、
歴史工学家の中谷礼仁さん(大阪市立大学工学部建築学部建築デザイン学科専任講師)
をお招きし今回の展示を監修していただきます。
人間の生活環境に繰り返し現れる類型(パタン)を言語(ランゲージ)として
組み合わせていくことで実際の建築に達しようとするもの。

★日時:2006 年2 月3 日(金)~2 月27 日(月) 10:00~20:00
★会場:山口情報芸術センター スタジオB
★主催:山口市文化芸術による創造のまち推進実行委員会、文化庁、山口県、山口市、
財団法人山口市文化振興財団
★助成:エネルギア文化・スポーツ財団
★企画制作:山口情報芸術センター

ダンス・パタン・ランゲージ in山口

stdiob01.jpg

ダンス・パタン・ランゲージ ちくはアニュアル展

日時 : 2006年2月3日金 -2月27日月 10:00-20:00
場所 : 山口情報芸術センター スタジオB (入場は19:30まで)入場無料
主催 : 山口市文化芸術による創造のまち推進委員会、
文化庁、山口県、山口市、財団法人山口市文化振興財団
助成 :エネルギア文化・スポーツ財団
企画制作 : 山口情報芸術センター
山口県文化振興財団助成事業

「おいでませ ちくは」ワークショップ

日時 : 2006年2月12日日 13:00-16:00

会場 :山口情報芸術センター スタジオB

対 象 :一般15名 [材料費実費] ¥300

講 師 : ちくは

ダンス・パタン・ランゲージ パフォーマンス

日時 : 2006年2月25日(土)・26日(日)

13:00-13:30 / 16:30-17:00

場所 : 山口情報芸術センター スタジオB 入場無料

主催 : ちくは

助成 : 財団法人山口県文化振興財団

協力 : 山口情報芸術センター

「ちくは」は2006年2月3日(金)から2月27日(月)まで、山口情報芸術センタースタジオBにて、建築とダンスを融合させた新作ダンスパフォーマンス及び展覧会を開催します。
『建築と身体との関わり』をテーマに、建築における記述言語「パタン・ランゲージ」を応用し、ダンサーたちの手でパフォーマンスの舞台となる家を建て、インスタレーションとして展示。今回のパフォーマンスは、お客様をインスタレーション会場へご招待します。
山口県下にある、歴史的価値の高い建築物を拝観し、家屋の主人の思惑や、快適な生活のための工夫、また構造の美しさが顕著に見て取れます。それらを、日常の視点からだけでなく、専門的な歴史工学的見地から分析し、言葉に変換し、さらには身体の動きへ応用していきます。『建築が人の環境形成にどのような影響を与えているか』を問題として提示し、身体の動きを外側から限定することで自然と生まれる動きを、新しいパフォーマンス作品として制作しました。

パタン・ランゲージとは

クリストファー・アレグザンダー(1936-)による環境生成のためののツール(※) として有名なものです。これは、人間の生活環境に繰り返し現れるすぐれた類型(パタン)を、言語(ランゲージ)のように扱うことで、実際の建設活動に達しようとするデザイン論です。集録された253のパタンは、大規模な都市計画単位から私的な小物といった小さな単位に至るまでいくつかの階層に別れ、それらは特定のパタンと互いに緊密にリンクしているのが特徴です。この記述言語を用いれば、詩を作るように誰もが家をつくれるという画期的な方法論です。

今回の展示およびパフォーマンスでは、このパタン・ランゲージを個々のダンサーの動きや「ちくはのお家」の組み立てに応用しています。

※実用書『パタン・ランゲージ』(PL、1977)、理論書『時を超えた建設の道』(TW、1979)鹿島出版会より邦訳

「ダンス~DANCE~ダンス 感動をあなたに!!」でnewClearが作品を上演します。

創作舞踏研究会アズ~AS-Z~主催の「ダンス~DANCE~ダンス 感動をあなたに!!」でnewClear(ちくはの大脇理智が主催)が作品を上演します。
出演者は大脇理智と新田祐子。
「ダンス~DANCE~ダンス」ではnewClearの他、数組が作品を上演します。
お時間のご都合がつく方は是非ご覧下さい。
★日時
2005年12月25日(日) 14:00開演(13:30開場)
★会場
宇部市文化会館 文化ホール
★料金
大人1,000円(当日1,300円)
小・中・高校生500円(当日800円)

『踊りに行くぜ!!vol.6 SPECIAL IN TOKYO』に桑野由起子が選出!

全国18都市を巡る「踊りに行くぜ!!vol.6」、
最終公演地となる東京では、全国各地より生まれたで話題作品がピックアップされます。
そのダンス6作品の中に桑野由起子が選出されました。
★日時
2006年2月24日(金)19:30、25日(土)14:00/18:00 ※開場は開演の30分前
★会場
スフィアメックス 03-5462-0270 東京都品川区東品川2−2−8

『Airpockets』~インタラクティブ・パフォーマンスの実験箱~ のお知らせ。

11/26(土)にあるパフォーマンスのお知らせです。
お時間のご都合がつく方は是非!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『Airpockets』

~インタラクティブ・パフォーマンスの実験箱~
アーティストのアイデアをコンピューターで自由に表現できる、
オブジェクト指向のプログラミング環境「MAXMSP」を使った、
コンテンポラリー・ダンス・ユニット「ちくは」による
実験的インターラクティブ・パフォーマンス。
今回はYCAM自主活動の「MAX部」との共同制作です。

■会場
山口情報芸術センター BitThings (図書館入り口カフェスペース)
■日時
2005.11.26(土) 17:00 START
■料金
無料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『Airpockets』はショート作品集です。当日はインスタレーションとパフォーマンス、両方あります。インスタレーションは10:00から。パフォーマンスは17:00から。インスタレーションはパフォーマンスより前の時間までBitThingsにて展示されています。ごゆっくりご鑑賞ください。

いろいろ。

ヒラヤマです。
「踊りに行くぜ!!」山口公演は10/16終わりました。
皆さんホントにありがとうございました!!
くはっち(桑野由起子)の「踊りに行くぜ!!」静岡公演は11/19です。応援してます!
彼女のインタビューがJCDNのwebにのっていますよ。

昨日10/22は「踊りに行くぜ!!」広島公演を観に行きました。
公演前の番外編ではナカシー(中島由美子)とくはっちが踊りました。
ナカシーは身体表現サークルとも踊りました。
このちくはのdiaryはちくは以外の方も見られているのでこういうコメントは身内びいきでよくないかもしれませんが
番外編のパフォーマンス、おもしろかったです。
今日10/22も広島市現代美術館にて13:00からありますので、お近くにお住みの方、興味ある方は是非。

そして山口では
理智君(大脇)がベルリン・ポストシアター公演「スキンサイト」にダンサーとして参加。
今日10/22も山口情報芸術センターにて14:00からあります。
お近くにお住みの方、興味ある方は是非。今日は私も観に行きます。

コンタクト・インプロビゼーション ショーング:ヒラヤマ

9/23 参加したショーイングのこと。
ショーイングがあるとすれば、それはワークショップを体験した後にあるのが普通だと思うのだけれども、今回は逆。なのでなにをするのか??と疑問いっぱい。ほんの一瞬だけ参加するものと思いきやそうではなかった。ショーイングの最初5分間はちこさんと真喜子さん2人だけの踊り。その後25分間(本番は30分間ぐらい)は他のメンバーもショーイングに加わるということに。以前ちくはでやったかつおのえぼしからほぼ1年たち、再びYCAMホワイエで即興パフォーマンスのショーイングをやることに。
おもしろかったです! 私個人的な感想としては1年前よりもいいパフォーマンスができたと思う。なにがよかったかというと皆が同じ方向性で集中してやれたからだと思う。
自分の動きのみに固執することなく常に周りを見て、作用しあえた、そういう存在になりえたと感じることができたところがとても素敵なことだと思えた。練習の時になじめなかったサックスも本番ではとても心地よいモノに。聞くと「今日はみんなの動きを見て吹いた」ということ。まわりの呼吸を意識するのは大事だなと思った。
後で見ていた方に聞いたところ、「見ている途中にお客が全然帰らなかったよ」とのこと。やったところは人の行き来があるところ(見るのをやめたいと思えばすぐにその場から立ち去れる場所)なので、それはかなりうれしいことだった。
そのショーイングはみんなでつくったもの。でもちこさん、真喜子さんが構成を提案してくださったり、パフォーマンスしている時要所要所でフォローしてくださったし、パフォーマンス途中のタイミングを決めてくださったりしたから、こんなに気持ちよくパフォーマンスができたんだと思う。彼女たちはやはりプロ。
ショーイング前の練習について。
9/22・ショーイング前日。
集まった時間も遅く、ショーイングを行うところであるYCAMホワイエもこの日しか練習に使えないということだったので、先ずはちこさんたちから構成の提案。本番でサックスをふかれる方も到着したので実際に現場で30分ほどあわせてみる。サックス音を聞いて動くのも初めてだしホワイエでやるのも久しぶりでなじめずしっくりこないなと感じる。
9/23・ショーイング当日。
ストレッチをしながら練習場所の床・天井・周りの人・等々とにかく周りに目をやるようにと言われる。見るということはとても大事なことなんだと教えてもらう。(補足なんだけれども、いろいろなところを見まわしていくと体にもいろいろな動きがうまれストレッチもよーくできた。)
よく見回した後は見ているモノを実際に体を使って表現してみる。そのものの形を手や肩で書いたりしてみた。
次に見ているモノに想像をふくらませそれを体の動きにしていく。たとえば窓からみえる足湯につかっているおじさんの頭がどんどんゆだっていったらとか想像は何でもいい。想像してどんどん動きにしてみる。
で、次に自分でそういう動きをしたりはたまた全然違う動きをしてもよく、同じ空間にいる周りの人に目をやって、その人の動きをマネしたりその人が動いている要素をもらったりもらわなかったりとにかく周りの人を意識して動くようしてみる。その練習は最初、皆同時に動いてやっていたのだが、後には見る側と見られる側に別れて数回やった。
動きの源は自分だったり人から影響されてでてきたものだったりその場の空気だったり周りの人と人の距離からだったりといろいろ。自分をオープンにして周りのことを見れば見るほどいい空間が生まれていくのを感じた。あ、そうそう。音も動きの1つだった。人が奏でた音(窓のサッシを叩くとか)によって自分は逆に静止していようと感じたり。

教えてもらったことで、周りをみるということの他に特に大事だと思ったこと。
自分がアクションをおこしたことに対するリアクションがないと次のアクション(動き)にはうつりにくいしさびしいものだけれども、リアクションがすぐにないからといって焦ってはダメで待ったりやり続ける(止まり続ける)ことが必要。ナゼかというとそのアクションに対して実は自分の見えないところで他の誰かがリアクションしていることもあるし、とにかくすぐにやめてしまうと、なにをしたいかは相手に伝わらないもので、やり続ける(止まり続ける)勇気が必要とのこと。コレは痛感した。